・ご夫婦の万年筆交換

企業登録されている「ワクワクハウス株式会社山喜」様の

ワクワク Club News Letterで紹介して頂きました。

奥様から旦那様に「スポルテッドメイプルの万年筆」を

旦那様から奥様に「チューリップウッドの万年筆」を

愛情のこもった手作り万年筆の交換をされました。

「夫婦円満になります」

「手書きで書くことが増えました」

そんな言葉を頂くことができて本当に嬉しかったです。

ありがとうございました

 

・柚子の樹

氷ノ山(兵庫県)で育てられていた柚子の樹をボールペンに

年始に丸太が届き

製材が終わったのでこれから自然乾燥させます

柚子の木がボールペン材料として登場するのは早くて春頃ですが

まだ加工したことのない木で今からワクワクしています

 

・白樫(シラカシ)

国産の【白樫(シラカシ)】の木でボールペンを作りました。

材は名前の由来のとおり、白味の強い空五倍子色で

カシ類に特徴的なゴマのような模様(カシ目)の放射組織があります。

国産木材の中で重硬で強靭なものの一つで、

木工道具の鉋台やノミの柄などに使われています。

葉は細長楕円形でドングリのなる樹です。

・黄金に輝く黄肌

黄金色に輝く樹皮は自然の神秘!!
落葉広葉樹「黄肌(キハダ)」でボールペンを作りました。
右のペンは縮杢入りのキハダです。
黄金色の樹皮は、和薬の元祖とも言われる陀羅尼助の主原料です。
陀羅尼助丸は胃腸薬として家にもあります。
皮はぎ作業の写真は長野県小谷村のキハダで、
村では皮だけでなく木も利用するプロジェクトを進められています。

・首里城で名前が一般的になった台湾桧

首里城で名前を一般的によく耳にするようになった

「台桧、台湾桧(タイヒ、タイワンヒノキ)」

を使ってボールペンを作りました。

台桧は名前の通り台湾産の桧で、飴色で年輪の密度が高く、

加工する前から独特な刺激の強い芳香があります。

自分にとっては今までで1番の香りの広がりと強さでした。

写真上の丸太は薬師寺で開催された特別公開展で展示されていた

樹齢1000年の長さ14.2m直径1.76mの台湾檜丸太です。

薬師寺の金堂、西塔にも台桧は使われています。