こだわりの木のペン作り

きれいな文字をかくには

きれいな文字を書くためのポイントを見直してみましょう。
美しい文字を書きたいと、誰もが思うことでしょう。 ペンを持って手や指を動かすという簡単な動作なのに、なかなか思うように書けないという方も多いのではないでしょうか。 ペンの正しい持ち方を知り、ペン先をスムーズに動かすことができるようになれば、おのずと文字も整います。また自分に合った紙やマット、ペンを選ぶことで、字を美しく見せることもできます。
ペンを正しく持つ
きれいなお手本の文字を真似してみても、正しい持ち方ができていなければその場限りの文字となり、美しい文字を書く力は身に付きません。大人になってから矯正するのは難しいかもしれませんが、意識してペンを持つことでペン先をイメージ通りに動かせるようになります。力が入りすぎないように気を付けながら、正しい持ち方で文字を練習してみましょう。

親指、人差し指、中指でバランスよく

ペンを親指と人差し指でつまむように持ち、中指はそれを支えます。下から見ると三角形になっているようにしましょう。持つのはペン先から3センチほどのところです。力は入れすぎないようにしましょう。人差し指が反っている場合は、強く握りすぎています。リラックスした状態をつくることが、なめらかなペンの動きにつながります。

手首を安定させる

小指の付け根から手首の側面をテーブルにしっかりと付けて、手首を固定します。小指と薬指は軽く曲げて、添えておきます。ペン軸の角度も大切で、人差し指の第2関節と第3関節の間でペンを支えると、正しい位置にペンが納まります。

指を一本ずつ意識して動かす

文字は左から右に書き進むことが多いですが、左に進む時は親指、上から下へは人差し指、上に進む時や跳ねる時は中指で押すという動作を意識して文字を書きます。特に親指の腹の筋肉を意識すると文字の軌跡が安定し、文字が整ってきます。はじめは慣れなくて思うように動かせないかもしれませんが、脳から指令を送り続けることで筋肉が発達して自由に動かせるようになります。ゆっくり文字を書きながら、意識して動かすことを繰り返し練習してみましょう。

姿勢を正して座る

文字を書くことに集中しすぎて上半身が前傾してしまうと、腕に力が入りすぎたり、肩や首が疲れやすくなってしまいます。姿勢を正して座り、用紙全体を視界に入れて文字のバランスを見渡せるように、また肘を楽にしてペンを持つ手がスムーズに動くようにしましょう。
紙を選ぶ
手紙やメッセージカードを贈る際、書きやすい紙を選ぶことも重要です。紙質によってペン先の動きのなめらかさが変わります。使用するペンのインクやペン先との相性もあります。また罫線の幅が自分の書きたい文字と合っているかどうかも確認するとよいでしょう。「きれいな手紙が書ける便箋」「大人の美文字一筆箋」なども市販されているので、活用してみてください。
マットを敷く。
文字を書く際に紙の下にマットを敷いて書くと、ペン先がなめらかに動き、きれいな文字を書けるようになります。マットの素材は、革、合成皮革、塩ビ、ゴム、プラスチックなどがあります。おすすめなのは、硬筆用ソフトタイプの下敷き。程よい弾力でペン先を受け止めてくれるので、運筆が安定します。
文字のバランスを考えて書く
二つのポイントを押さえて、練習してみましょう。

字の形を整える

まずは一つひとつの文字に注目します。文字は、ほんの少し右上がりに書くとよいです。けれどもすべてが右上がりになると落ち着かないので、右下に重心を置くようにします。すると文字のバランスが整います。
また日の上下にある空間など文字に隙間がある場合、その隙間の大きさをそろえるようにします。。

文章の見え方を整える

文字の大きさは、漢字10 ひらがな8 カタカナ6 の比率で書くと読みやすい文章になると言われています。また文字間隔は均等に、広めにとるほうが読みやすくなります。
筆記用具による違い
家にあるボールペンを集めて書き比べてみると、太さ、質感、ペン先の形状、芯のなめらかさなど違いを感じる事ができるでしょう。書きやすいペンは見つかりましたか? ボディ部分の太さや形状なども重要な要素の一つです。手の大きさに合ったもの、適度な重さがあるもの、ボールペンの下部が安定しているものなどいろいろ試して、自分が書きやすいペンを見つけましょう。また筆圧に合ったペンや替え芯を選ぶことも大切です。 美しい文字を書けるようになると、季節のお便りやお礼状などを書くのが楽しみになります。